設立趣意書

間も無くサイバー空間と現実世界が高度に融合するSociety5.0の時代が到来すると喧伝されています.21世紀初頭には,インターネットが人々の間で清談を推し進めるのではないかと見るむきもありましたが,実際にはSNSをはじめとしたインターネット空間では,概して分極化が進んでいると評さざるを得ない状態にあります.何より近年では,「公共空間と個々人の関係性」の希薄化が問題として提起され,現に投票率の低下や様々な地縁コミュニティの解体が進んでいることは指摘するまでもありません.現状を改めて捉え直して見れば,一面的には「優しくない」社会が私たちの目の前に広がっているかのようです.

ただ,実際には,私たちは同じ社会に生き,同じ公共空間を共有していることは揺るぐことのない事実です.インターネット上で露わになる分極化を癒しながら,改めて直接顔と顔を突き合わせる伝統的なコミュニケーションを介して,社会を前へと進めていく合意を生み出す試みを続けていくことが重要ではないでしょうか.

私たちは,この時代,そしてこれから先の時代,民主主義をもとに私たちの社会をより豊かにしていく手段として,個々人が思考し,相互の対話と熟議,そして再考しながら行動をする繰り返しを積み重ね,世代間格差に代表される現代社会に山積する課題の解決策を共創することは意義深いと考えています.

世の中を豊かにしていくイノベーションは,座視しているだけでは生まれない以上,まず私たちは「対話の場」を開きます.ただ,共創を行う為には「知」の積み重ねが必要不可欠です.だからこそ私たちは,対話の場を通して生み出された知を蓄積するナレッジ・タンクとしての役割も果たしていきます.同時に,蓄積したものを提案・提言を継続的に発信することで,私たちと社会で「新しい知見」を拓きます.そして,構成員が共に,組織と社会が共に啓くことが出来る空間を創造することは,私たちの価値観の軸にあります.私たち自身が,提案・提言をもとに行動していく持続可能なコミュニティである為に,建設的な批判ができる包摂的な組織を目指します.

私たちは,思考,対話,熟議,再考,行動というステップを通して,社会に必要な「共」の場,コモンズを再興していきます.